保育系進学コース
保育系の短期大学・四年制大学を目指して、
保育の基礎とピアノ・造形を学習するコースです。

保育系進学コースが本格的にスタートするのは2年生から,1年生の時は様々な進路目標に対応できるように基礎学力の定着を図り,進路学習では,保育の分野に限らず,四年制大学や短期大学・専門学校の特徴を学習し,自分の目標をよく知った上で,このコースを選択します。
全国高等学校家庭科教育振興会の保育技術検定取得を目指し,2年次は,『子どもの発達と保育』と『ピアノ』の授業を,3年次は,引き続き『子どもの発達と保育』と『ピアノ』,新たに『造形絵画』の授業を受けます。

コースの特徴

ピアノ学習

2年生からピアノの時間を設定し,幼児教育に欠かせないピアノ演奏の技術を習得します。音楽室だけでなくピアノ実習室も使い,未経験からでも保育に必要な演奏技術の基礎を固めることが可能です。

進路目標に向けた学習内容

ピアノの時間以外にも,『保育』の現場で必要となる『造形』の学習や,入試に必要な『国語演習』の時間があります。

習熟度別の学習

1年生では,それぞれの習熟度に合わせて習熟度別クラスで学習します。「わからないところ」「できないところ」を確認テストでチェックしながら次のステップに進んでいきます。

クラブ活動も十分にできます。

月曜日から金曜日は6限授業,土曜日は4限授業と十分な学習時間を確保しつつ,ゆとりあるカリキュラムで放課後のクラブ活動と勉学の両立を図ることができます。

課外活動

クラブ活動はもちろん,希望すれば『英語検定取得セミナー』などの放課後や長期休暇中の学習活動にも参加できます。

カリキュラム

カリキュラム